消費者金融 審査

MENU

消費者金融の審査に有利なのは?

審査の際に重視されるのは年収や他社での借り入れ履歴などがありますが、その他にも勤務先、勤続年数、居住の形態、居住年数、電話番号なども審査に影響してきます。

 

勤務先は大まかに分けると公務員、大手企業、中小企業 自営業となります。
公務員は解雇される恐れがほとんどありませんし、年収も安定しているので有利といえるでしょう。

 

大手企業、中小企業も自営業者よりは審査において有利といえます。
しかし、基本的に安定した収入があれば申し込みはできますので、申し込みの際それをアピールしましょう。

 

また勤続年数も審査に関係してきます。
いくら大手の企業で働いていたとしても、三か月も続かず転々としているのでは、安定した収入を得れるとはいえません。

 

勤続年数が長ければ長いほど、審査には有利といえるでしょう。

 

どんな家に住んでいるかも審査に関係してきます。
それは、本人名義の持家か家族名義の持家、社宅、賃貸などです。

 

これがどのように審査に関係してくるかというと、夜逃げの可能性を判断するためです。
自分の持家を手放すことはなかなかできませんし、家族名義の持家でも家族に迷惑がかかるため逃げるとは考えにくいでしょう。

 

その反面賃貸は夜逃げしやすい為この点で考えると持家の方が審査に有利といえます。
そして居住年数が長ければ長いほど有利ということは言うまでもありません。

 

最後に電話番号ですが、最近では携帯電話を持っている人がほとんどですので、申し込み用紙に携帯電話の番号を記入することが多いと思われますが、もし固定電話がある場合はそれも記入しましょう。
固定電話は居住地の証明にもなり、さらに信頼度がアップします。

 

このように審査に有利に働く点を知っていれば、それをアピールすることにより審査にさらに通りやすくなるでしょう。