消費者金融 審査

MENU

消費者金融の審査に通る二大条件

消費者金融で借り入れを申し込みする際、審査に通らなければ融資を受けることはできません。
各会社によって、審査基準には違いがありますが、基本的に重視される部分は共通しています

 

申し込み前に事前にこの審査基準を確認しておくだけで、知らなかったばかりに審査に落ちてしまった、時間がかかってしまったという事を避けられます。

 

一つ目は収入です。
消費者金融側もただでお金を貸し出すわけではありません。

 

融資をした場合、毎月きちんと返済してもらわなければなりません。
それには毎月安定した収入がある事が不可欠になってきます。

 

ですから、消費者金融側が重視するのは、申し込みをした本人にきちんと毎月収入があるかどうかという点です。
安定した収入といっても、正社員である必要はなく、アルバイトやパートでも継続して収入がある場合は申し込みが可能です。

 

ですから申し込みの際にはきちんと毎月安定した収入がある事を会社側にアピールしましょう。

 

二つ目は他社の借り入れ状況や返済の履歴です。
その消費者金融会社で申し込みが初めてでも、他の消費者金融会社ですでに借り入れがある場合それも審査に影響してきます。

 

また、過去の返済履歴に延滞などがある場合、毎月きちんと返済が見込めないと判断され、審査に通らない可能性が大きくなってしまいます。

 

ですが、申し込みの際この他社での借り入れ状況を自己申告する場所がありますが、審査に通りたいばっかりにここで金額をごまかして記入するのはもっと危険です。
なぜなら消費者金融会社は様々な情報を信用情報機関を通して共有しています。

 

相手は審査のプロです。
ごまかしてもすぐばれてしまいます。

 

申し込みの際重要なのは、正直に申告すること、また毎月安定した収入がある事をアピールすること、この二つの点を押さえればグッと審査に通る可能性は上がるでしょう。