消費者金融 審査

MENU

消費者金融の審査に時間がかかるのはどんな時?

消費者金融で審査を受ける際、誰もが最短で審査結果が出る事を期待しますが申し込み内容によっては審査に時間がかかることがあります。
一般的にどんな場合に審査に時間がかかってしまうのでしょうか?

 

融資が可能か微妙な場合

現状での借り入れは総量規制の範囲内でまだ借りられる状態だが、他社で何件かすでに借り入れがあったり、返済があまりスムーズにいってない場合など判断が難しい場合時間がかかってしまうかもしれません。

 

希望融資額が高額な場合

消費者金融では、貸金業法によって50万円以上の契約となる場合収入証明の提出が必要となります。
高額な融資額の場合消費者金融会社側もリスクが大きくなるので、提出された資料に基づき慎重に審査を行います。

 

よって審査にかかる時間は長くなるのです。

 

信用情報がホワイトすぎる場合

信用情報がホワイトすぎるとは、信用情報機関で照会をしても何の履歴も出てこず、登録すらされていない状態のことを指します。
履歴が何もないという事は一度もクレジットカードを作らずに借金をしていないか、過去に多額の借金をして債務整理を行い、その情報の保有期限が過ぎてすべてがきれいに消えている、または怪しい申し込みとなります。

 

今の時代に一枚もクレジットカードを持たず、信用情報機関になんの情報も残らない生活を送れるのはとても難しいので、信用情報がホワイトすぎる理由として可能性が高くなるのは後者二つになります。
この場合慎重な審査が求められますので、審査にどうしても時間がかかってしまうのです。